近代文学における味わいとその香り

アクセスカウンタ

zoom RSS andymori

<<   作成日時 : 2016/05/23 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



 CDに焼いて、友達に配って回りたい。andymoriはそんなバンドだ。
 なんてことのない、簡単なギターと陽気なリズム隊の向こうから、小山田のひまわりみたいな声が聞こえてくる。彼はいつも率直な物言いで、自由を歌う。自由を叫ぶロックンロールを聞いていて、ああ!世界はこんなにも自由で美しいと、気付かされる瞬間がある。テイクイットイージーである。ライフイズパーティーである。そんなandymoriの歌を、みんなに聞いて欲しい。ほんとうに、とてもいいバンドだから。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
andymori 近代文学における味わいとその香り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる