近代文学における味わいとその香り

アクセスカウンタ

zoom RSS チルドレン

<<   作成日時 : 2016/01/30 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


チルドレン (講談社文庫)
講談社
2012-09-28
伊坂幸太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チルドレン (講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






チルドレン


面白さ☆☆☆☆☆
おすすめ☆☆☆☆☆
読みやすさ☆☆☆☆☆

伊坂幸太郎の小説。
年末にアルバイト先の塾の生徒に文庫本を貸した(無理やり読ませた)から、
自分も読み返した(単行本)。おそらく3回か4回目。
会話文での言葉遣いが少しクドイけれど、やはり面白い。

年が明けて最初の授業で返ってきた文庫本を確認すると初版本だった。
どこの本屋かは覚えていないけど、新品で買ったものだから、
この本を購入したときはまだ文庫本が出たばかりだったということだ。
今となっては映画化された映画も多く、本屋ではスタメンを張る作家にまで上り詰めたが、当時はまだ片手で数えられるぐらいしか出ていない期待の新人作家だった。
3月には十数年ぶりに続編の「サブマリン」が出るらしい。続きのストーリー以上に、作家の力量や表現の方法にどのような成長や変化が生まれたのか非常に楽しみである。


DVDも視聴済み。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
チルドレン 近代文学における味わいとその香り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる