近代文学における味わいとその香り

アクセスカウンタ

zoom RSS エスター

<<   作成日時 : 2015/11/11 02:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



おすすめ☆☆☆☆☆
おもろさ☆☆☆☆☆
ネタバレなしで観たほうがいい☆☆☆☆☆



僕みたいなニートにとって借り物の感情がいかに大切か、知ってる人は少ない。
毎日が家とバイト先との往復で、怒りや嬉しさ、悲しさなど感情の起伏が起こるような出来事はほとんど皆無である。中でも恐怖は、もうこの年齢になると本当に体験することがない。幽霊なぞはさすがに信じられないし、怖い先輩も教師もいない。万が一、感じたとしてもその時は、事故とか災害とか、かなりの非常事態だろう。

そんな生活だから、やはり映画には、それがどんな感情を喚起させるものであっても、刺戟を求めてしまう。


エスターは、久しぶりに映画を観ていてゾッとした。
映画でこんなに怖いと思ったのはいつぶりやろう。


夏はもう過ぎてしまったけれど、背筋の凍る体験をしたい人にはおすすめです。


(下部にネタバレ)


















































エストニアっていうのが絶妙やった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エスター 近代文学における味わいとその香り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる