近代文学における味わいとその香り

アクセスカウンタ

zoom RSS From Ritz To Rubble

<<   作成日時 : 2015/11/05 01:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0







オススメ:☆☆☆☆☆
かっこよさ:☆☆☆☆☆
UKロック:☆☆☆☆☆



ロンドンオリンピックで歌っていたArctic Monkeysというバンドの一曲。


よくアクモンと省略されるんやけど、それはまだ僕が大学一回生の頃、

友人がアクモン、アクモンと話していて僕は心の中で「惡問」なんていう奇妙な名前のバンドがあるんやな〜

と勝手にベースやドラムがベンベンドコドコうるさくて、音程もリズムもあったもんじゃないラップで、烈火を背後に演奏している様子を想像してました。


僕が中学生や高校生なんかの多感な時期にもし出会っていたら、きっと勉強なんか手につかなかったやろな〜〜




この曲の収録されてる"Whatever People Say I Am, That's What I'm Not"というアルバムは、ひとつも捨て曲がないです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
From Ritz To Rubble 近代文学における味わいとその香り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる